スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学童保育、職員2人・定員40人以内 厚労省委が新基準

  



 【田中陽子】共働き家庭などの小学生が放課後を過ごす「放課後児童クラブ」(学童保育)で、各クラスに職員を原則2人以上置くことが義務づけられることになった。1クラスの定員は40人以内が基本となる。厚生労働省の専門委員会が11日、2015年4月に始まる新制度の基準をまとめた。

 学童保育の運営については、厚労省が07年に指針を示している。ただ強制力はなく、自治体や施設によってばらつきが大きい。定員は40人が目安とされるが、最大70人まで認められている。職員が1人だけの施設も一部ある。保育所などが15年度に新制度に移行するのに合わせ、学童保育の新基準も定め、質の向上をはかる。

 新基準では指導員の資格を新設。職員2人のうち少なくとも1人に取得を求める。資格は都道府県の研修を受けた人が得られる。定員は40人とするが義務づけはせず、40人を超える場合はクラスや施設自体を分けるよう努めることを求める。開所日数は「年間250日以上」、開所時間は「平日3時間以上、休日は8時間以上」を原則とする。

 厚労省は今年度中に、専門委がまとめたこれらの基準を省令で定める。ただ、すぐに職員を確保できないケースも予想されるため、一定期間は今のやり方を認める方向だ。

 学童保育の施設数は今年5月現在で2万1482カ所、利用児童数は88万9205人で、いずれも過去最多だった。施設を希望通り利用できない待機児童は8689人で、2年連続で増えた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131212-00000003-asahi-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


  




ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。