スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隠滅容疑、署長ら書類送検=対応怠り偽証招く—虚偽調書20人処分・大阪府警

  



 大阪府警堺署員が虚偽の供述調書に沿って偽証した問題で、府警は13日、虚偽調書の作成に関わった男性警部補(51)ら7人を虚偽有印公文書作成・同行使容疑で書類送検した。当時の署長(59)と副署長(60)も改ざん前の真正な調書を放置したとする証拠隠滅などの容疑で書類送検した。大阪地検が偽証と併せ刑事処分を検討している。
 警部補の不正指示に端を発した一連の問題で、組織的隠蔽(いんぺい)は確認できなかったが、警察当局は、担当幹部らが調査の徹底や適切な報告を欠いて事件化が遅れ、警察官の偽証を招いた点を重大視。同日、警部補や署長ら9人を懲戒処分とするなど、当時の府警刑事部長らの監督責任も含め計20人を処分した。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131213-00000045-jij-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


  




ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。