スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子宮頸がんワクチン、救済求め意見書…道議会

  



 子宮頸(けい)がんワクチンの接種後に副作用が出ている問題で、定例北海道議会は最終日の12日、国に対して被害者の救済を求める意見書を全会一致で可決した。

 全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会(東京)によると、同ワクチンの副作用を巡って、兵庫県議会で因果関係などの検証を求める意見書が可決されているが、都道府県議会での意見書可決はまだ少数という。13日には美唄市議会でも同様の意見書が可決される見通しだ。

 同ワクチンは今年4月から、小学6年〜高校1年生は原則無料で接種できる定期接種となった。しかし、接種後の痛みなどの報告が相次いだため、厚生労働省は6月に積極的な勧めを一時的に差し控えることを決めた。

 道内でも接種後に意識障害などの重い症状を訴える患者が出ており、道によると、頭痛や発熱など副作用とみられる症例報告は48件に上っている。意見書はこうした事情を踏まえて提案され、国に対して治療方法の確立や被害者救済制度の充実を求め、安全性について徹底した評価・検討を行うよう要請している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131213-00000268-yom-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


  




ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。