スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「SL銀河」に命吹き込む 大宮総合車両センターで火入れ式

  



 JR東日本が進めていた蒸気機関車(SL)「C58形239号機」の復元作業が終了し、大宮総合車両センター(さいたま市大宮区)で12日、関係者ら約60人が出席し、火入れ式が行われた。約40年ぶりに命を吹き込まれたSLは、ボイラーの火室で赤々と石炭が燃やされ、煙突から淡い煙を吐き出した。

 昭和47年に廃車となり、翌年から岩手県営運動公園で展示されていたC58形239号機は、東日本大震災で傷ついた東北の復興と活性化の夢を託されて、現役復帰が決定。昨年12月から同センターで復元作業が行われていた。来年4月以降、岩手県の釜石線を中心に、東北エリアで土休日などに年間80日程度、「SL銀河」として営業運転を目指す。

 復元作業を終えたSLは黒光りする往年の勇姿を取り戻し、迫力満点。同センターの松田明所長は「東北地域の皆さんがこのSLで元気になってほしい。安全に運行し、活躍してくれることを祈願する」と祈りを込めた。続いて関係者がボイラーの焚(た)き口に点火し、スコップで石炭を投じた。

 今後は同センター内で最終調整する。試運転を重ねて、年明けにも高崎車両センター(群馬県)に移送。本線運転などを行ってから、盛岡支社盛岡車両センターで営業運転に向けた試験運行や調整などが行われる予定だ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131213-00000556-san-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


  




ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。