スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お酒を飲むと味の濃いモノ欲しくなるのはナゼ?

  



 【カラダの不思議】忘年会シーズン。楽しさでつい、食べまくり&飲みまくってしまう。中でも脂っこいもの、しょっぱいものを求める傾向がある。メタボ予防はどうしたら良いのか。管理栄養士の泊真希子さんに聞いた。

 「飲み会では、楽しさからついつい食べ過ぎてしまいがちですし、アルコールで満腹中枢がまひしてしまうこともありますよね。また、お酒を飲むときは、しょっぱいもの、脂っこいもの、甘いものなどを求めてしまう傾向があることも影響していると思います」

 確かに、ビールのつまみに揚げ物、しょっぱいもの、味の濃いものが欲しくなることは多い。何故なのか。

 「アルコールを分解する際に亜鉛が必要とされるため、アルコールを飲むと、亜鉛が体内で不足すると考えられます。亜鉛不足は味覚障害を引き起こすことがあり、お酒を飲むことで亜鉛不足を生じると、味覚が鈍くなると考えられます」

 酔って食欲が増す上、味覚がまひして味の濃いもの、脂っこいものをたくさん食べて太るのではないか、ということだ。

 そこで、泊さんがメタボ対策として勧めるのが、「家飲み」だそう。

 「外で飲む場合はおつまみの種類も多く、味も濃いですし、油も自宅で調理するより多く使われています。また、自宅で飲む場合は、家にあるものをおつまみにするしかない。その方法で改善傾向に見られる方を多く見てきました」

 ただし、忘年会など、外で飲む機会は多いため、低カロリー&高たんぱくの豆類など、つまみに少し意識を向けることも必要なよう。

 「またお酒は、アルコール度数が高いほどカロリーも高いんですよ」

 例えば、100mlあたりのカロリーでは、ビール(アルコール度数4〜5%)40キロカロリー、低アルコールビール(3%)23キロカロリー、ワイン(10−11%)73キロカロリー、梅酒(13%)156キロカロリー、日本酒(15−16%)103キロカロリー、焼酎(25%)141キロカロリー、ウイスキーとブランデー(40%)237キロカロリーだそう。

 「ただし、生ビールは500ml=200キロカロリーですが、2杯3杯と飲んでしまう方も多いですよね。一方、焼酎ロックは141キロカロリーとはいえ、ロック1杯60mlで1杯あたり84キロカロリー。焼酎はロックでビールのように何杯も飲めませんから、単純に比較できませんよね」

 飲み会は楽しいが、お酒とおつまみのチョイスの際、健康のことを考えるのもお忘れなく。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131214-00000010-ykf-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


  




ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。