スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北朝鮮、異例の粛清 張成沢氏、処刑 正恩氏、恐怖で締め付け

  



 北朝鮮は12日、張成沢(チャンソンテク)・前国防委員会副委員長(67)が「国家転覆陰謀行為」をしたとして特別軍事裁判で死刑判決を下し、ただちに執行した。北朝鮮では、故金日成(キムイルソン)主席の時代から粛清が繰り返されてきたが、「ファミリー」の一員だった義理の叔父まで処刑するのは異例で、金正恩(キムジョンウン)第1書記による「恐怖政治」が強まるのは必至だ。▼2面=独裁強化へ見せしめ

 13日付の朝鮮労働党機関紙、労働新聞(電子版)は特別軍事裁判に出廷した張氏の写真を掲載した。両手を縛られ、うつむく張氏は目やほおのあたりが青く変色しており、裁判に先立って激しい拷問を受けた可能性が指摘されている。……
本文:925文字

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131214-00000001-asahik-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


  




ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。