スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<岐阜新聞>「混乱招いた責任」会長退任 碓井氏が社長復帰

  



 堀江博海(はくみ)前社長(65)の辞任などで混乱した岐阜新聞社は13日、杉山幹夫会長(86)が退任したと発表した。「一連の混乱を招いた責任を取った」としている。実質的オーナーの杉山氏は40年以上にわたり社長と会長を務めてきたが、代表権のない取締役となる。また、後任の社長に、9日付で退任した碓井洋元社長(59)が復帰したことを明らかにした。

 同社によると、13日午後に臨時取締役会で碓井氏の社長復帰と杉山氏の退任を決めたという。杉山氏は関連会社の岐阜放送の会長は継続する。

 杉山氏は岐阜新聞社の前身の岐阜日日新聞社元社長の娘婿。1971年に同社と岐阜放送の社長に就任。30年以上社長を務め、2004年から代表権を持つ会長を務めていた。

 一方、堀江氏は十六銀行頭取を9月に退任。今月9日に岐阜新聞社と岐阜放送の社長に就任したが、社内や地元財界の反発などを受け、12日に辞任した。堀江氏は岐阜商工会議所会頭も務めているが、13日、27日付での会頭辞任を発表した。同商議所によると、同日、堀江氏から電話で「一身上の都合」を理由に辞任の申し出があったという。当面は会頭空席のまま、大松利幸筆頭副会頭が会頭代行を務める。【道永竜命】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131213-00000121-mai-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


  




ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。