スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保育所に事故報告義務、再発防止策作りも

  



 政府は、保育中の死亡事故が増えていることを受け、全国の保育施設に、事故発生時の市町村への報告や再発防止などを徹底する仕組みの導入を決めた。

 消費税を投じて2015年度から始める新しい保育制度で実施する。

 さらに、死亡事故などの重大事故については、自治体や国で報告を集約、分析したうえで公表することが検討されている。

 全国の保育所を利用する子どもは、年々増えて約240万人(12年)。厚生労働省が報告を受けた死亡事故も、08年に6件だったのが、10年に12件、12年には18件と急増している。

 導入される事故対応の仕組みは、新しい保育制度に基づく保育所、幼稚園、認定こども園、小規模保育などが対象。事故の発生時には〈1〉保護者と市町村へすみやかに報告〈2〉状況や処置などを記録〈3〉賠償すべき事故では損害賠償——などの実施を徹底する。運営基準に明記することで、施設に順守義務が生じる。同省は通知で事故報告を求めているが、04〜12年に死亡事故31件の報告漏れがあった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131215-00000938-yom-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


  




ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。