スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小中高生ら登山、捜索打ち切り…直後に自力下山

  



 15日午後5時30分頃、大津市と京都市左京区の境にある皆子(みなこ)山(971メートル)に日帰り登山していた小中高校生9人と大人4人の男女計13人が下山しないと、参加者の家族から滋賀県警に通報があった。

 滋賀、京都両府県警の機動隊員ら計約75人が捜索。午後11時30分頃までに降雪による悪天候のため打ち切ったが、県警大津北署員が16日午前0時15分頃、13人全員が大津市側の足尾谷(あしびだに)登山口に自力で下山したのを確認した。大きなけがなどはないという。

 同署などによると、13人は、京都市東山区にあるボーイスカウト京都第8団の小学5年3人、6年2人、中学1年3人、高校2年1人と、引率の同団OBの大学生ら23〜24歳の4人。15日午前8時30分頃、足尾谷登山口から山頂に向けて出発し、同日午後3時頃に平バス停付近へ戻る予定だった。携帯電話は通話圏外で、連絡が取れない状態だったが、16日午前0時5分頃、引率の男子大学生(23)から同署に「全員で下山した」と携帯で電話があり、署員が無事を確認した。

 13人は、雨具は持っていたが、テントや非常食などは携行していなかったとみられる。京都府山岳連盟によると、大津市側から山頂へ向かうルートは、尾根が複雑に分かれていて迷いやすく、初心者が登るのは難しいという。

 平バス停付近には15日夜、参加した児童、生徒の保護者らが駆け付けたが、雪が降り、路面が凍結。山中はふぶき、視界は悪かった。

 下山後、取材に応じた高校2年の男子生徒(17)によると、積雪のため、山頂に到達する前に引き返すことを決定。地図を見ながら下山ルートを探し、沢づたいに歩いたが、迷ってしまったという。「小学生の中には泣き出す子もいたが、年上のメンバーが前後を挟み、『大丈夫』と励ました。ほっとしました」と、しっかりした口調で話した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131216-00000232-yom-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


  




ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。