スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<京都府知事選>山田氏59歳が4選出馬の意向

  



 任期満了に伴う京都府知事選(来年3月20日告示、4月6日投開票)で、山田啓二知事(59)が4選を目指して立候補する方針を固めたことが16日、府内の政党関係者への取材で分かった。近く正式表明する。

 山田知事は兵庫県出身。東京大卒業後、旧自治省に入り、高知県財政課長や京都府副知事を経て、2002年の知事選で自民、民主、公明などの推薦を受けて無所属で初当選。現在3期目。11年4月に全国知事会長に就任し、今年4月に再選。任期は15年4月まで残っている。

 知事選には京都民主医療機関連合会会長で小児科医の尾崎望氏(59)=共産推薦=が、無所属で立候補することを表明している。【藤田文亮】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131216-00000025-mai-pol
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


  




ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。