スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

翔ける馬の巨大地上絵…茨城の海浜公園に登場

  



 来年の干支(えと)の「午(うま)」を描いた縦約20メートル、横約30メートルの巨大地上絵が茨城県ひたちなか市の国営ひたち海浜公園に登場し、来園者の目を引いている。

 東日本大震災からの復興が加速し、2020年の東京五輪・パラリンピック開催決定で景気がより上向く年になるよう願いを込め、地上絵のテーマを「翔(か)ける」に設定。まきと松ぼっくりで馬の形を描き、たてがみやしっぽはアカザ科のコキアで表現した。公園内の大観覧車に乗れば、約65メートルの高さから躍動感あふれる姿を見ることができる。

 同県小美玉市から家族で訪れた主婦(30)は「観覧車から見たら馬が今にも走り出しそうでした」と話していた。来年1月13日まで。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131216-00000714-yom-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


  




ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。