スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストーカー総合対策本部設置=切迫性判断、専門チームも—警視庁

  



 ストーカーや配偶者暴力(DV)などの被害相談で危険性や切迫性を的確に判断し、被害者の保護などで警察署を支援するため、警視庁は13日、「ストーカー・DV総合対策本部」を設置した。生活安全部と刑事部から捜査員を集め、連携を強化した「事態対処チーム」も発足させた。
 東京都三鷹市で10月、私立高校3年の女子生徒(18)がストーカー被害を警察署に相談した当日に、元交際相手に殺害された事件を教訓にした措置。
 発足式では、西村泰彦警視総監が「警視庁に相談に来た方の命を救うことができなかったのは痛恨の極み」と述べた上で、ストーカーやDV事案では、「被害者の安全を確保することが最優先となる」と訓示。被害者に危害が加えられる危険性や切迫性がある場合には、検挙により被害を未然に防ぐよう指示した。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131213-00000160-jij-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


  




ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。