スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田園調布暴走事故の遺族、運転者らを損賠提訴

  



 東京・田園調布で2010年、男児2人が暴走した乗用車にはねられ死亡した事故で、両親ら遺族7人が16日、運転者や同乗者ら4人に、計約1億9400万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。

 事故を巡り、刑事裁判の判決は危険運転致死傷罪の成立を認めておらず、原告側は「民事裁判で、故意に引き起こされた事故だと認めてほしい」と訴えている。

 遺族側の代理人弁護士によると、損害賠償を求めたのは、車を運転していた宮田智裕受刑者(23)のほか、同乗者の友人2人、車を所有していた受刑者の母親。訴状で「受刑者は車内の音楽に合わせて急ハンドルを切るなど、意図的に危険な運転をしていた」と指摘し、友人らも「危険運転を制止する義務を怠った」と主張した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131216-00000923-yom-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


  




ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。