スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<秘密保護法強行>石破氏「反省」…内閣支持率低下

  



 自民党の石破茂幹事長は16日の政府・与党協議会で、特定秘密保護法の強行可決を受け、報道各社の世論調査で安倍内閣の支持率が下落したことについて「先の(臨時)国会は教訓とすべきことが多い。閉会中によく反省し、(来年の)通常国会に臨みたい」と語った。一方、菅義偉(すが・よしひで)官房長官は記者会見で「法案が修正合意をし、国会審議が集約したと私どもは解釈したが、報道は違っていた」と述べ、国会審議を「拙速」などと批判した報道が影響したとの見方を示した。

 菅氏は支持率下落について「特定秘密保護法の趣旨、重要性が正しく理解されていなかったことが大きな理由だ」とも語った。公明党の井上義久幹事長は政府・与党協議会で「成立後も丁寧に説明すべきだ」と求め、政府や国会の監視機関の設置を急いで国民の不安を打ち消すべきだとの考えを示した。

 ただ政府・与党は、経済政策などに支えられて安倍政権の支持率は依然高いとみており、「巨大与党のおごり」という野党などの批判に危機感を示す幹部は少ない。菅氏は会見で「(自民党が)政権を取ってまだ1年たっていない。その中で株価は6〜7割高くなっている」と強調した。政府関係者は2009年の政権転落前の内閣支持率低迷を挙げ、「支持率が50%程度で『下がった』と言われる政権も珍しい」と余裕を見せた。

 また、石破氏は、来春の消費税率8%への引き上げや安倍政権が目指す集団的自衛権の行使容認などの課題を念頭に、「反対の方にいかにご理解いただくか、広報のやり方も含めて事前に周到に準備する必要がある」と指摘。国民の賛否が割れる問題で、対メディアなどの広報戦略を練り直す考えを示した。

【高橋恵子、鈴木美穂】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131216-00000093-mai-pol
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


  




ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。