スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミス・インターナショナル、グランプリはフィリピン代表!

  



 「2013ミス・インターナショナル世界大会」が17日、都内で行われ、フィリピン代表のベア・ローズ・サンチャゴさんがグランプリに輝いた。2位にはオランダのナタリー・デン・デッカーさん、3位にはニュージーランドのケイシー・ラドリーさんが続き、日本代表による連覇はならなかった。



 民族衣装や水着、華麗なドレスでのウォーキングにスピーチ審査で世界一の美を競った同大会。激戦の末に栄冠を手にしたベア・ローズさんは、自身の名前が告げられた瞬間、信じられないといった表情を浮かべ、ほかのミスや審査員とハグをするなど歓喜の表情を披露。気持ちを落ち着けると「フィリピンの皆さん、ありがとう」と母国の人々への感謝と共に、「日本の皆さんにも、ありがとう」と喜びを語った。

 また大会終了後の取材でベア・ローズさんは、フィリピンを直撃した台風30号のため、甚大な被害を受けた地域に故郷があることも明かし「このタイトルをいただいたことで、(復興に)貢献していけたらと思います」と故郷への強い思いを口にした。

 この日はグランプリとなる「ミス・インターナショナル」のほかにも、ミスたちの投票で決まる「ミス・フレンドシップ」にニュージーランド代表のケイシー・ラドリーさん、自国の民族衣装をもっとも魅力的に披露した「ミス・ナショナルコスチューム」にアルバ代表のエリアルダ・クロースさん、「ミス・インターネット」にマカオ代表のアデラ・カワイ・ソウさんが輝いた。日本からは高橋有紀子さんが代表として出場。2012年に日本人初のミス・インターナショナルに輝いた吉松育美さんに続く日本人の2連覇が期待されたが、惜しくも受賞を逃した。

 「ミス・インターナショナル」は「ミス・ユニバース」「ミス・ワールド」に並ぶミス・コンテストの一つ。外見の美しさだけでなく、国際社会への貢献を目指すミスたちが集い「平和と美の親善大使」として交流を深めることも目的とされている。(中村好伸)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131218-00000001-flix-movi
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


  




ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。