スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知財高裁「LADY GAGA」商標登録認めず

  



 世界的な人気歌手のレディー・ガガさんが代表を務める米国法人が、音楽商品の分野で「LADY GAGA」の商標登録を認めるよう特許庁に求めた訴訟で、知財高裁の清水節(みさお)裁判長は17日、ガガさん側の請求を棄却する判決を言い渡した。

 ガガさん側は2011年に登録を申請したが、同庁が認めず、不服申し立ても退けられたため、今年6月に提訴した。ガガさん側は、「BILLY JOEL」や「ユーミン」などの歌手名が商標になった例があると主張し、音楽ファイルなどの商品分野で、「LADY GAGA」の商標を独占的に使えるよう求めていた。化粧品などの分野ではすでに登録が認められている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131217-00001586-yom-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


  




ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。