スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臨床研究データ操作問題 未解明…歯切れ悪い説明

  



 「意図的なデータ操作は見つかっていない」とした千葉大の中間報告。一方で「確証は得られていない」とも説明するなど歯切れの悪い内容となった。データの食い違いに対する明確な説明もなく、調査の甘さが浮き彫りになった。

 調査によると、論文に使われたデータの約2割は研究者が直接、パソコンに入力したが、残る8割はカルテからデータを書き写したシートを使い、医師や事務員が入力し直していた。このため大学側は「入力ミスの可能性がある」と説明。データの相違について「ディオバンを有利とするための偏りはなかった」と強調し、意図的なデータ操作の可能性を否定した。

 一方、相違発生前のカルテに記された「正しいデータ」で、「心臓や腎臓などを保護する効果が高い」とした論文と同一の結果が得られるか改めて検証したかと問われると「解析方法が複雑なため、やっていない」と説明、調査が不十分であることを認めた。

 身分を隠し研究に参加した製薬会社の元社員への聴取も行わず、データ入力者を特定するパソコンのアクセス記録も「調べていない」とした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131218-00000114-san-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


  




ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。