スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尖閣影響、観閲式また中止=防空識別圏は「問題なし」—海保長官

  



 海上保安庁の佐藤雄二長官は18日の記者会見で、尖閣諸島周辺海域の領海警備の影響で、来年春の観閲式を中止すると明らかにした。中止は2年連続となる。
 佐藤長官は、公船の領海侵入や海洋巡視機能を統合した「海警局」設立などで、中国側が「海洋進出に向けた布石を着々と打ってきている」と分析。海保は警備強化のため巡視船を尖閣沖に集めており、観閲式を開催する余力がないとした。
 一方、中国は先月23日、尖閣諸島を含んだ形の防空識別圏を設定したが、これについては「海保の航空機は従来通りパトロール飛行を続けており、問題は起きていない」と述べた。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131218-00000140-jij-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


  




ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。