スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体罰の処分基準、文科省に試案提出 有識者会議




 【阿久津篤史】スポーツ指導での暴力問題で、文部科学省の有識者会議は19日、処分基準や手続きの試案を示す報告書をまとめ、文科省に提出した。基準や手続きが不明確な競技団体が多いため、競技によらず統一する狙いがある。

 試案では、暴力で死亡または重大な後遺症が残るけがを負わせた場合は無期限の登録資格停止か資格剥奪(はくだつ)、全治2週間を超えるけがを負わせた場合は6カ月以上の登録資格停止とした。暴言で死亡または重大な障害を与えた場合は資格剥奪、暴言で退部などに至った場合は無期限の資格停止とした。

 けがの程度が2週間程度までの場合は1カ月以上6カ月以下の資格停止、暴行のみでけががなかった場合は1カ月程度の資格停止とした。各競技団体の意見を踏まえ改訂するという。

 また報告書では、トップ選手を対象とした第三者による独立した相談・調査委員会を日本スポーツ振興センターに設置するとした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131219-00000036-asahi-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

重度の吃音(どもり)を35日で解消した経緯



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。