スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<復興加速指針>東電支援9兆円に 拡大強化策




 政府が20日まとめた東京電力福島第1原発事故の復興加速指針は、原子力損害賠償支援機構の資金支援枠を現行の5兆円から9兆円に増やすことを柱とする東電支援の強化策も盛り込んだ。福島復興の加速のために増額する賠償などの支払いを資金面から支える。

 支援枠の拡大で、追加的な賠償のほか、除染(2.5兆円)と中間貯蔵施設(1.1兆円)の費用の支払いに対応。機構は支援枠の範囲内で、電力や復興関連の事業が滞らないよう東電に無利子で融資する。

 国と東電の費用分担も明確にする。国が機構を通じて融資している賠償費用は、引き続き東電が他の電力会社とともに返す。一方、中間貯蔵施設の整備には、電気料金に上乗せしている「電源開発促進税」の税収の一部を回す。機構が保有する東電株(簿価1兆円)の売却益は除染費用に充てる。これにより廃炉・汚染水対策を含め、13兆円規模に上るとも指摘された東電の負担額は、10兆円規模に軽減される。

 ただ、順調に再建が進まないと、東電株の売却益は得られない。東電の負担軽減への批判も予想されることから、政府は「他社との包括提携など大胆な企業戦略の断行」などの改革を要求。「企業価値を高めることが除染費用の早期回収と国民負担抑制につながる」と指摘した。東電にお金を貸す金融機関にも、無担保融資の再開を念頭に「一段の関与・協力」を求めた。【清水憲司】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131220-00000043-mai-pol
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

パソコンを使ってわずか3日で8万円を繰り返し手に入れた方法



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。