スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芥川・直木賞候補決まる

 



 第150回芥川・直木賞(日本文学振興会主催)の候補作が20日付で発表された。芥川賞では、オーストラリア在住の主婦で今年太宰治賞を受けてデビューした岩城けいさんと、小山田浩子さんが初めて候補入り。直木賞は朝井まかてさん、千早茜さん、柚木麻子さんが初候補。選考会は来年1月16日、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれる。150回を記念し、3月に東京・丸の内の丸ビルで歴代受賞者らによるトークショーなども行う。
 候補作は次の通り。(敬称略)
【芥川賞】いとうせいこう「鼻に挟み撃ち」(すばる12月号)▽岩城けい「さようなら、オレンジ」(太宰治賞2013)▽小山田浩子「穴」(新潮9月号)▽松波太郎「LIFE」(群像7月号)▽山下澄人「コルバトントリ」(文学界10月号)
【直木賞】朝井まかて「恋歌」(講談社)▽伊東潤「王になろうとした男」(文芸春秋)▽千早茜「あとかた」(新潮社)▽姫野カオルコ「昭和の犬」(幻冬舎)▽万城目学「とっぴんぱらりの風太郎」(文芸春秋)▽柚木麻子「伊藤くんA to E」(幻冬舎)。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131220-00000012-jij-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

多汗症・ワキガをシャットアウト!スッキリサラサラ7日間メールセミナー



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。