スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「結いちゃん新党」はないないづくし 「嫌がらせ」も…




 「ゆいちゃんのこと、君、どう思う?」「悪くはないと思うよ」。国会内で取材をしていると気心の知れた政治家たちがそんな会話をしていた。「ゆいちゃんって、誰のこと?」って、じつは女の子の名前ではない。もちろん、記者がファンの新垣結衣(ゆい)や市川由衣(ゆい)、浅香唯(ゆい)でもない。18日に15人の国会議員で旗揚げした新党「結(ゆ)いの党」だ。彼らはみんなの党の渡辺喜美代表の強権的な党運営が「嫌い」になり党を飛び出したが、新党の政策はみんなの党を踏襲したものが多く、新鮮味に欠ける。しかもカネもない。世論の支持もさほどない。まさにないないづくし。前途は多難だ。

 「結い」の名付け親は渡辺氏とたもとを分かった江田憲司前幹事長だ。野党各党を「結び」つけ、来たる再来年春の統一地方選に、野党一丸となって戦う「触媒」になるとのメッセージを込めている。

 だが、記者が「結(ゆ)いは〜。結いは〜」と原稿を人前で読むのはちょっと気恥ずかしくなる。

 実はこの「ゆい」はベネッセコーポレーションの妊娠・出産・育児事業「たまひよ」が行った今年生まれた赤ちゃんの名前調査で、女の子では7年連続で一番多い呼び名だった。

 まさか江田氏がその人気にあやかろうとしたのではないだろうが、新党への世論の目は冷めきっている。

 産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)の合同世論調査では回答者の3分の2が「期待しない」と答えていた。

 しかも、カネもない。政党の活動を支えるために国から受け取れる政党交付金は3億円を下らない。新党関係者によると、それでも足りず、江田氏は新党に参加した議員から100万円程度を集め、地方議員からも負担させて政党の支部などの運営に充てる計画を立てたという。新党ではさらに5000万円の寄付を募り、2000万円を借り入れ、機関誌発行などでやりくりする。来年は党運営に全体で4億4000万円ほどはかかるそうだ。

 事務所もまだない。そこで、江田氏は野党再編をにらんで立ち上げた勉強会などで行動をともにしている日本維新の会の松野頼久国会議員団幹事長を頼った。

 同氏の紹介もあり、永田町のビルに近々、落ち着くようだ。結いと維新の距離は早速、縮まった。

 一方、新党に移った議員の多くは、国会活動の基本である「会派」を渡辺氏の承認を得られずに離脱ができず、政治活動もままならなくなる心配が出てきた。

 会派にいれば、所属議員の数に応じて出席可能な委員会も増え、毎月65万円が支給される立法事務費も受け取れる。しかも、国会内には会派の控室が割り当てられ、公用車も使えるのに、渡辺氏の「嫌がらせ」(新党関係者)にあい、そうした便宜を受けられなくなる恐れがあるのだ。

 そんなないないづくしの新党に、古巣の渡辺氏は容赦なく攻撃を仕掛けている。なかでも、「みんな」に投じた1票で国会に来た比例代表選出議員が、みんなに議席返上しないのには怒り心頭で、「議席泥棒」呼ばわり。

 結いの名称についてもかみついた。17日にあったさいたま市の党会合では、記者団に「『結い』といえば、由井(ゆい)正雪というのがいたけどね、『由井正雪の党』みたいな形で、あっという間になくなっちゃうんじゃないでしょうかね」とちゃかしていた。

 年の瀬恒例の流行語大賞はすでに2日に発表されているが、ここにきて「ゆいちゃん新党」は国会内限定で静かに流行語になりつつある。

 江田氏は各党へのあいさつ回りではあえてみんなを避けていたが、逃げてばかりいてもしようがない。渡辺氏に真正面から向き合って議論してみてはどうか。「どうせ来年春にはなくなるんだから…」とかいうのではなく、しっかりと公党としての矜恃を見せてほしい。(村上智博)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131221-00000516-san-pol
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

重度の吃音(どもり)を35日で解消した経緯



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。