スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「餃子の王将」社長銃撃 「現実、受け止められない」大東さんの通夜、弔問続く




 「餃子の王将」を展開する王将フードサービス(京都市山科区)の社長だった大東隆行さん(72)が射殺された事件で、大東さんの通夜が12月22日、京都市山科区内の自宅で営まれ、親族や会社幹部らが訪れ、名物社長の不慮の死を悼んだ。

 事件が起きた19日午前5時半ごろ、この自宅から約1km南西に離れた本社に車で出社する大東さんを妻が見送ったのが、元気な大東さんが目撃された最後となった。通夜会場となった屋内からは、女性のむせび泣く声が漏れ、周囲は悲しみに包まれた。

 喪主の長男、剛志さん(39)は「本社前に設けられた献花台の前では多数の方より心のこもったご弔意、お心遣いを賜り、お礼申しあげます。突然の悲報に親族一同はいまだ現実を受け止められずにおります。今はただ家族と親族で静かに故人の冥福を祈る時間をいただきたいと思います」とコメントした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131222-00000529-san-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

楽譜が読めなくてもピアノは弾ける!30日でマスターするピアノ講座♪



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。