スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羽生が東北に光 同じ仙台出身・荒川さんのように金を

 



 フィギュアスケートの全日本選手権で、東日本大震災の被災地・仙台市出身の羽生結弦(19)が2連覇を果たし、ソチ冬季五輪代表に決まった。故郷では「金メダルを獲って戻ってきて」と、1カ月半後に開幕が迫った夢の舞台での活躍を期待する声が広がった。

 仙台市内の広場に設置された屋外スケートリンクで22日、友人と遊んでいた宮城県石巻市の会社員中屋敷あすかさん(24)は「震災でいろいろ悲しいことがあったが、羽生選手の活躍はプロ野球楽天の日本一に続いてうれしいニュースです」と笑顔。「(2006年トリノ五輪での)荒川静香さんのように、金メダルを獲って仙台に戻ってきてほしい」と期待を込めた。

 羽生は震災時、仙台市のホームリンクで練習中に揺れに見舞われた。リンクは閉鎖され、練習場所を求めて全国を転々とした時期もあった。

 「彼が経験した試練は、ほかのスケーターとは別格。ここ数年、特に精神面が成長した」と指摘するのは、母校・東北高校の五十嵐一弥校長(67)。「天は二物を与えずと言うが、彼はすべてを与えられた。ソチでも彼なら一番高い所を手に入れられる」と教え子の金メダルを確信していた。

 仙台市の主婦鈴木さとさん(41)は「羽生君もいろんなことを乗り越えて、良い成績を残した。目標に向かって頑張る姿は輝いている」と話した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131223-00000020-spnannex-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

プロ並みのクォリティで撮影できる!デジタル一眼レフ上達講座



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。