スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<天皇陛下80歳>「政治との距離」思いを率直に示す




 戦争、憲法、天皇としての務め−−。傘寿となる23日の誕生日に合わせた記者会見で天皇陛下は、80年を総括するように自らの歩みと抱いてきた思いを語った。「最も印象に残っている」と振り返ったのは、やはり「戦争」のこと。そして「憲法を順守する」との強い思いを今回も示しつつ、政治との距離に関しこれまで以上に丁寧に、時には率直に難しさも示しながら語った。

 会見は約20分。最初の質問で80年を振り返った。1933(昭和8)年生まれの陛下は戦時中、栃木・日光に疎開し、11歳で終戦を迎えた。会見では、戦争犠牲者について「前途にさまざまな夢を持って生きていた多くの人々」として痛切な思いを吐露し、戦後の復興への努力に関し多くの人への感謝を示した。

 天皇という立場を「孤独とも思える」と表現した部分では、皇后さまへの深い感謝を語った。「常に私の立場を尊重しつつ、寄り添ってくれたことに安らぎを覚えた」

 この1年、皇室と政治の距離が話題になる出来事も度々あった。9月の国際オリンピック委員会総会に高円宮妃久子さまが出席したことは「政治への関与」になるのではとの意見も出た。風岡典之宮内庁長官は「両陛下も案じられていると拝察した」と発言。「両陛下の思いを推測で語るのは問題」との批判も出たが、陛下は会見で、具体的経緯は避けつつ、宮内庁長官を信頼して相談していることを示した。

 会見では11月のインド訪問などについても振り返った。【真鍋光之、長谷川豊】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131223-00000009-mai-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

楽譜が読めなくてもピアノは弾ける!30日でマスターするピアノ講座♪



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。