スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(プロメテウスの罠)残ったホーム:15 帰らぬ決意で新居へ

 



 いいたてホームの看護師、菅野若菜(35)。原発事故後もすぐ避難せず、長泥(ながどろ)に1カ月住んで、ホームに通い続けた。
 「3人目の子どもはつくらない」と決めたのは、その間に「放射能を浴びてしまった」と思うからだ。
 夫は今も、外出先で赤ん坊を見ると「かわいいね、いいな」という。
 ほしかったんだな。
 私が「ホームに残る」といわなければ、夫はもっと早く、家族で村を出るつもりだったようだ。つらい思いをさせてしまったと思う。
 小学生の子ども2人も、避難前の2日間、放射能を浴びているとは知らず、外で遊ばせ、井戸水も飲ませた。……
本文:951文字

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131224-00000011-asahik-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

プロ並みのクォリティで撮影できる!デジタル一眼レフ上達講座



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。