スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臨床研究の不適切事例137件−厚労省、大学などに追加点検を要請

 



 製薬会社ノバルティスファーマの降圧剤「ディオバン」(一般名バルサルタン)をめぐる医師主導臨床研究のデータ操作問題を受け、厚生労働省と文部科学省の要請で大学や研究機関が自主的に点検した過去約4年分の臨床研究で、137件の「不適切事例」があったことが分かった。厚労省は、こうした実態を踏まえ、今回問題となった降圧剤の臨床研究開始前の2000年4月までさかのぼった追加点検を関係機関に求めることを決めた。研究データ改ざんの有無などを把握することで、再発防止や倫理指針の遵守につなげたい考えだ。【新井哉】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131225-00000003-cbn-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

多汗症・ワキガをシャットアウト!スッキリサラサラ7日間メールセミナー



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。