スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<安倍首相>靖国神社に参拝 中韓の反発必至

 



 安倍晋三首相は首相就任から1年たった26日午前、東京・九段北の靖国神社を参拝した。現職の首相が靖国神社に参拝するのは、2006年の小泉純一郎首相以来で7年ぶり。首相の参拝を求める保守層に配慮したとみられる。中韓両国が反発するのは必至で、日中、日韓関係がさらに冷え込むのは確実だ。

 首相は第1次安倍内閣のときに参拝しなかったことを「痛恨の極みだ」として、参拝への意欲を強調していたが、政府内では菅義偉官房長官が中韓との関係を考慮して参拝を見送るよう求めていた。

 首相は冷え込んだ中韓両国との関係改善に向け、早期の首脳会談開催を呼び掛けてきた。だが今回の参拝で、両国との首脳会談は当面難しくなりそうだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131226-00000042-mai-pol
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

多汗症・ワキガをシャットアウト!スッキリサラサラ7日間メールセミナー



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。