スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<原賠審>帰還困難区域1000万円追加 慰謝料で指針




 東京電力福島第1原発事故による損害賠償の基準を示す文部科学省の「原子力損害賠償紛争審査会」が26日午前、開かれた。帰還困難区域(年間積算放射線量50ミリシーベルト超)など長期間、帰宅のめどが立たない住民に対し、住宅取得費用や慰謝料などを追加賠償するための新たな指針が決まった。帰還困難区域の人たちへの精神的苦痛への慰謝料は、既に決まっている1人当たりの額に1000万円を追加して一括賠償することになった。慰謝料の総額は一律1450万円となる。

 指針の追加は4回目。審査会委員は弁護士や大学教授ら9人。

 一括賠償の追加額については「故郷を失うことに対する精神的苦痛への慰謝料」相当額を検討し、1人当たり1000万円とした。ただし、既に避難が5年に及ぶことを見越して月10万円を基本に計750万円の支払いが決まっており、実務上は、1000万円から来年3月以降分を除いた700万円が上積みされる。

 家屋の賠償額では、住んでいた家の事故時の価格に、新築時と事故前の価格との差額の75%を上限に上乗せする。老朽化して事故前の価値が著しく下がっていたケースでも、新築時点の価格の50%程度以上が賠償される。

 長期避難や移住のため、住んでいた土地より高額な土地を購入した場合、一定の上限を設けた上で差額も追加賠償の対象とする。

 事故時に借家住まいしていて、移転先でも借家に住む人には、礼金などの一時金を賠償する。家賃が上がる場合は差額の8年分を東電が負担する。

 一方、避難指示などが出ている区域の住民へは1人当たり月10万円の慰謝料が支払われてきた。避難指示が解除されれば、1年間をめどに打ち切ることを盛り込んだ。【斎藤有香、西川拓】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131226-00000057-mai-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

パソコンを使ってわずか3日で8万円を繰り返し手に入れた方法



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。