スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<読売新聞東京本社>6900万円申告漏れ…国税指摘




 読売新聞東京本社(東京都中央区)が東京国税局の税務調査を受け、2013年3月期までの3年間で計約6900万円の申告漏れを指摘されていたことが分かった。このうち社員同士の飲食費など約3000万円は所得隠しと認定され、重加算税の対象となった。追徴税額は約3200万円。同社は来月中に修正申告するという。

 読売新聞グループ本社(同)によると、社員同士の飲食費が課税対象の交際費と認定されたほか、13年度の費用とすべき海外支局の事務所費を12年度の経費として計上した経理ミスなどがあったという。同社広報部は「国税局からの指摘通りに修正申告する予定。これからも適正な税務申告に努める」としている。【太田誠一】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131227-00000015-mai-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

楽譜が読めなくてもピアノは弾ける!30日でマスターするピアノ講座♪



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。