スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京五輪「新国立」総工費、1699億円で確定




 2020年夏季五輪・パラリンピックのメーンスタジアムとなる新国立競技場(東京都新宿区)の総工費が1699億円で最終確定したことがわかった。

 財務省と文部科学省が合意した。

 このうち、本体工事費が、現競技場の解体費67億円を含め1462億円となり、周辺整備費は237億円となった。

 文科省は延べ床面積の縮小などを進めて総工費を1852億円と試算していたが、その後、資材の見直しなどにより経費をさらに圧縮した。

 合意を受け、新国立競技場は来年1月にも基本設計が始まる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131227-00000192-yom-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

重度の吃音(どもり)を35日で解消した経緯



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。