スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<除夜の鐘>「ゴーン」重厚な音響く 知恩院で試し突き




 京都市東山区の浄土宗総本山・知恩院で27日、除夜の鐘の試し突きがあった。僧侶17人が1本の「親綱」と16本の「子綱」をそれぞれ持ち、掛け声とともに親綱を持った突き手があおむけにぶら下がるようにして勢いよく鐘を突くと、重厚な音が響いた。



 知恩院の大鐘は寛永13(1636)年に鋳造され、高さ約3.3メートル、直径約2.8メートル、重さ約70トン。日本三大梵鐘(ぼんしょう)の一つとされる。この日は僧侶35人が交代で綱を持ち、「ええい、ひとーつ」「そーれ」の掛け声で鐘を突いた。初参加の福嶋照空(しょうくう)さん(23)は「全員の息を合わせないと良い響きが出ないので緊張した。本番でもしっかりと勤めたい」と話した。

 31日は午後10時半ごろから、108回突く。【花澤茂人】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131227-00000092-mai-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

多汗症・ワキガをシャットアウト!スッキリサラサラ7日間メールセミナー



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。