スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(いま子どもたちは)居場所を求めて:12 遠回りしたから、強くなれた




 No.646

 女性(21)は3年半前、両親の離婚を機に北海道釧路市のNPO法人「地域生活支援ネットワークサロン」が運営する居住支援施設「冬月荘(とうげつそう)」にやってきた。小学生の時から塾通いを続ける優等生だったが、中2の時に父が働けなくなって生活が困窮。進学の夢を失って学校に行かなくなり、リストカットを繰り返すようになっていた。
 「釧路に行けば、きっと何かが変わる」と期待した。でも、毎日何もすることがなかった。部屋に1人でいると不安でたまらなくなり、「今からリストカットする」「薬飲んでやる」とスタッフに何度も電話した。……
本文:843文字

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131228-00000012-asahik-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

多汗症・ワキガをシャットアウト!スッキリサラサラ7日間メールセミナー



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。