スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルハニチロ冷凍食品に農薬、630万袋回収へ

 



 食品大手「マルハニチロホールディングス」(東京都)は29日、子会社の「アクリフーズ」群馬工場(群馬県大泉町)で製造したピザなど冷凍食品の一部から、農薬成分の「マラチオン」を検出したと発表した。

 同日時点で健康被害の情報は寄せられていないが、原因が特定できていないため、同社は同工場での生産を中止し、出荷した全商品を自主回収する。

 マルハニチロホールディングスの久代敏男社長は「原因は調査中だが、万全を期して全商品を回収する。ご心配とご迷惑をかけ、深くおわびする」と陳謝した。

 発表によると、回収するのは同工場が製造した冷凍食品すべてで、家庭用42、業務用46の計88品目。現時点で630万パック以上が全国に流通している。対象食品には「製造者アクリフーズ群馬工場」と書かれているが、大手スーパーのイオンや西友、日本生活協同組合連合会向けの商品には記載がないものもあるという。

 先月13日、同工場で生産したピザを食べた客から「石油のような臭いがする」といった連絡があった。調査の結果、回収した「とろーりコーンクリームコロッケ」「ミックスピザ3枚入り」「鶏マヨ!」「チーズがのびーるチキンナゲット」の4品目から、残留農薬の基準を大幅に超えるマラチオンを検出した。

 29日時点で同様の苦情は20件に上っており、ピザを口に含んだ子どもがはき出した事例があったが、体調を崩すなど健康被害の連絡はないとしている。

 原因は調査中だが、マラチオンは工場内で使われておらず、出荷前の商品からも検出されていないという。このため、両社は原材料に混入した可能性のほか、出荷前後に何者かが混入した疑いもあるとして、群馬県警に報告した。

 問い合わせは、午前9時〜午後5時、アクリフーズお客様センター(0120・690・149)へ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131229-00000472-yom-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

楽譜が読めなくてもピアノは弾ける!30日でマスターするピアノ講座♪



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。