スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記者有論)おせち料理 変化を繰り返す伝統の味 大村美香




 お正月料理といえば、重箱に詰められたおせち。でも、その歴史は意外と浅いという。民俗学が専門の新谷尚紀・国学院大教授は「おせちは『御節供(おせちく)』の略で、もともとは正月や五節句の膳を指す言葉」と話す。重詰めは、おせちとは別物だったのだ。
 江戸時代後半の正月には、お膳に盛られた料理と、重箱の料理が用意された。お重に数の子、田作り、たたきゴボウ、煮豆と縁起の良い食べ物を詰めて、年賀の客に勧めるなど、酒のつまみのように食べていた。
 こちらが「おせち」と呼ばれ、正月の主役になっていくのは明治以降のこと。「都市に住む主婦層向けの婦人雑誌などマスコミの情報発信が影響を与え、全国に波及した」と新谷教授はみる。……
本文:967文字

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131231-00000009-asahik-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

実務に直結するパソコンスキルを動画で楽に身に付けられる



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。