スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

避難区域の神社、初詣準備=おせち作り、急ピッチ—3度目の年の瀬・被災3県




 東日本大震災から3回目の年の瀬を迎えた岩手、宮城、福島の被災3県。東京電力福島第1原発事故後、立ち入りが認められた避難区域の神社は、初詣客を迎える準備に追われた。津波に被災した場所に戻った老舗料理店は、おせち作りがピークに。仮設住宅から災害公営住宅に移り、孫と年越しをする被災者家族の姿もあった。
 福島県南相馬市の避難区域は原発事故後、年末年始に初めて特例宿泊が認められた。区域内にある相馬小高神社は、久しぶりに正月をわが家で過ごす被災者の参拝客を迎える。10人ほどの職員は境内の周囲にのぼりを掲げたり、お札を書いたりした。
 元旦には避難している住民が集まり、3年ぶりに神楽を奉納する。お札の申し込みは事故前の4割程度といい、宮司の相馬胤道さん(75)は「来年は本格的な帰還に向けた年になってほしい」と望みを語った。
 宮城県石巻市の日本料理店「八幡屋」では、おせち料理作りが進む。地元産のカキを取り入れた約140個を、10人を超える従業員が夜通しで準備に当たった。
 1913年創業の老舗は、津波で店舗1階が浸水した。仮店舗で営業を続けたが、現在は元の店舗に戻った。おかみの阿部紀代子さん(52)は「身内の三回忌を済ませ『ようやく落ち着いた』と話すお客さまもいる。正月はおせちで喜んでもらえれば」と話した。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131230-00000074-jij-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

重度の吃音(どもり)を35日で解消した経緯



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。