スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(2014 もう一つの生き方)宇田智子さん、立川志の春さん、太田英基さん




 自分の居場所はどこなのか。生涯打ち込める仕事はどこにあるのか。ひらりと身を翻し、もう一つの道をたどり始めた若者たちに出会った。その先に、もう一つの日本の可能性が浮かんでこないか。2014年の幸福論。

 ■3畳の店、ちょうどいい幸せ 宇田智子さん(33)=那覇の古本屋ウララ店主
 日本で恐らく一番小さな古本屋を営んでいます。広さは畳3畳ほど。那覇の第一牧志公設市場の向かい、小さなお店がずらりと並ぶ市場通りにあります。
 右隣の洋服屋さんは社交家で、いつもお友達と楽しそうです。左が漬物屋、正面が鰹節(かつおぶし)屋。……
本文:5,400文字

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140101-00000011-asahik-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

パソコンを使ってわずか3日で8万円を繰り返し手に入れた方法



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。