スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【人気MONO】京都市上京区 デニム着物専門店「DENIMDOSU」




 ■洗うほどに味 男性も熱視線

 京都・西陣織の伝統と、デニムの生産が盛んな岡山県倉敷市・児島産の良品質デニムを組み合わせた「デニム着物」の専門店「DENIMDOSU(でにむどす)」が、京都市上京区に出店。着物上級者はもちろん、初心者や外国人にも人気を呼んでいる。

 同店は「お召し」などの高級着物を扱う西陣織の織元「秦流舎(しんりゅうしゃ)」の一部門として昨秋から展開。同社の野中健二社長(57)は「私自身がデニムに親しんだ世代なので、いつか着物に取り入れたいと考えていました」と開発への思いを話す。カジュアル感のあるデニムで新たなユーザーを取り込み、低迷する着物業界の活性化にもつなげたい意向だ。

 近年のデニム人気で、少しずつデニム地の着物は流通しているが、そのほとんどが無地。ところが織元の同店では、その技術をいかした「柄織り」の着物が手に入る。たとえばバラやサクラ、水玉、市松模様…とバリエーションも豊かで、なんともモダンな印象を与える。

 上品にもカジュアルにも着こなせるのがデニムの魅力だが、それは着物にも共通していえそう。着物の売れ行きの99%が女性用という現代において、同店では販売数の4割が男性用というのも大きな特徴だ。

 店長の星野真里さん(22)は「汚れたら洗濯機で洗えて、洗うほどに味もでます。お家に眠っている派手な色合いの昔の帯も、デニム着物とは相性がいいですよ」とアドバイス。価格も3万円台からと手頃で、ますますニーズが高まりそうだ。

 DENIMDOSU((電)075・463・2625)。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140106-00000099-san-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

多汗症・ワキガをシャットアウト!スッキリサラサラ7日間メールセミナー



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。