スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<三省堂国語辞典>用例の「7美人」消え…6年ぶり改訂




 俗語や言葉の新解釈を積極的に採用し、辞書を手放せない出版関係者らに「三国(さんこく)」の呼び名で親しまれる三省堂国語辞典が6年ぶりに改訂された。今回の第7版は「てか」(「っていうか」の意)など約4000語を追加。従来項目に磨きをかける「手入れ」作業も行われた。東日本大震災を経て、新たに映しだされる日本語とは? 【若狭毅、平山泉】



 ◇ことばの鏡 脱・男目線

 「三国から美人が一気に7人もいなくなった」と話題になっている。

 辞書の構成は、見出し語と意味を説明する語釈から成る。例えば改訂前の三国6版で見出し語「世にも」を引くと、「またとないほど。実に。いかにも」と語釈があり、用例の「世にもまれな美人」が続く。

 だが7版の用例は「世にも不思議な物語」にかわり、美人が消えた。ほかにも「黒目がちの美人」「すごい美人だ」「すこぶる付きの美人」−−など計7人が外れた。

 「古めかしく感じられたり、昔の男性目線で書かれたりした用例だった」と三省堂辞書出版部の奥川健太郎さんは説明する。表現に一面的な見方がないか、この用例を女性が読んだらどう思うかとの観点で点検したという。

 ◇「愛」にも変化

 昨年映画にもなったベストセラー小説「舟を編む」(三浦しをん著)は、辞書を編集する人たちの物語。登場人物が「愛」について「愛は異性を思うだけの語釈でいいのか」「同性同士の愛をどうするか」といった議論をする場面がある。

 三国は「愛」にも手を入れた。6版で「(男女の間で)好きで、たいせつに思う気持ち」だった愛は、7版では「恋を感じた相手を、たいせつに思う気持ち」に。編集委員の飯間浩明さんは「小説の指摘が元になって、辞書の項目に手を入れたんですよ」と明かす。

 ◇原発事故を反映

 社会のありさまを反映して、日本語は日々揺れ、動く。東日本大震災と原発事故が社会に与えた影響も、三国は映しだす。例えば「シーベルト」。6版は単位の説明だけだったが、7版では大幅な加筆をし、分量は約3倍。「福島原発事故以前、日本での大気中の放射線量の平均値は、1時間あたりおよそ0.04マイクロシーベルト」と事故前の数値を補足した。6版で「かわらと小石」だったがれきは、震災を挟み「こわれた建物の残骸」を加えた。

 さらに従来項目の除染やガンマ線も説明を大幅に増量。アルファ線、ベータ線、核燃料サイクル、除塩(地中の塩分を取り除くこと。津波を受けた農地で行われる)などが新規に加わった。

 三国の初版発刊は1960年。辞書はことばを映す鏡であり、ことばを正す鑑(かがみ)でもある−−見坊豪紀(けんぼうひでとし)初代編集主幹による3版序文「かがみ論」を、約7万6600語を収録する7版にも掲げた。見坊は、鏡として時代のことばに連動させるべきだと三国を性格づけた。奥川さんは「現代日本語の姿を忠実に、また、全面的に反映させました」と話す。

 広辞苑や岩波国語辞典などで辞書編集に携わり、「辞書の仕事」の著書がある増井元さんは三国の伝統を「生きのよい新しいことばと用法が、調査の裏付けをもって辞典に反映されている」と評価している。

 ◇三省堂国語辞典7版で追加された語の例◇

「朝ドラ」朝に放送される帯番組のドラマ

「ガチ」本気・本格的である様子

「旬菜」旬の食材

「−倒(だお)れ」(やろうとしたことが)実際には行われないこと

「だだ漏れ」とどまることなくたくさん漏れること

「鉄ちゃん」鉄道マニア(女性は「鉄子」とも)

「どんつき」(関西方言)行きどまり

「フラグ」先の読める伏線(用例:主人公に死亡−が立つ)

「ほうれい線」鼻から口の端にかけてのびる八の字形のしわ

「魔都」欲望と犯罪の渦巻く恐ろしい都市

「もっかい」もう一回

「よさこい」高知市で行う祭り。それをもとにした各地の祭り

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140107-00000023-mai-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

実務に直結するパソコンスキルを動画で楽に身に付けられる



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。