スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<都知事選>民主、擁立困難 舛添氏を推す声強く




 民主党東京都連(会長・松原仁国対委員長)は7日、常任幹事会を国会内で開き、都知事選の対応を松原氏に一任することを決めた。独自候補の擁立を探ってきたものの困難な情勢になり、舛添氏を支援すべきだとの声が強まっている。一方、日本維新の会の石原慎太郎共同代表は、田母神俊雄氏の出馬会見に同席し、支持を表明したが、橋下徹共同代表は「党としては応援しない」と説明。同日の執行役員会で、自主投票とする方針を決めた。

 民主党関係者によると、同党は候補者選定にあたって細川護熙元首相、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏、キャスターの村尾信尚氏らに接触したが、いずれも固辞されていた。こうした状況も踏まえ、松原氏は7日の常任幹事会後、記者団に「舛添氏は候補にふさわしい(条件の)6項目をクリアしている人物だと会合で話した」と説明した。【影山哲也、阿部亮介、重石岳史】

 ◇維新は自主投票

 一方、日本維新の会は7日の執行役員会で、都知事選は自主投票とする方針を決めた。石原慎太郎共同代表は田母神俊雄氏を支持する考えを表明したが、橋下徹共同代表は大阪市役所で記者団に「党としては応援しない」と説明した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140107-00000117-mai-pol
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

楽譜が読めなくてもピアノは弾ける!30日でマスターするピアノ講座♪



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。