スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<国家安全保障局>首相「戦略的に安全守れる」




 昨年12月に創設された国家安全保障会議(NSC)の事務局として、「国家安全保障局」が7日、発足した。安倍晋三首相が第1次政権当時から構想してきたNSCの陣容がこれで整い、政府の外交・安全保障政策の司令塔として本格稼働する。首相は同日、「今まで以上に戦略的に領土・領空・領海、日本人の安全、国益をしっかりと守っていくことにつながる」とNSCの意義を記者団に強調した。

 国家安全保障局は外務、防衛、警察など関係省庁から出向した官僚や自衛官ら67人で構成。総括・調整▽戦略企画▽情報▽欧米・東南アジアなど▽北東アジア・ロシア▽中東・アフリカ・中南米など−−の6班を設けた。同局は集約した情報を基に政策を練り、首相、官房長官、外相、防衛相による4者会合に提案する。

 首相は7日、元外務事務次官の谷内正太郎内閣官房参与を初代局長に正式に任命した。国家安全保障担当の首相補佐官には礒崎陽輔首相補佐官が就任した。谷内氏は月内にも訪米しライス大統領補佐官(国家安全保障担当)と会談するのをはじめ、各国のNSCとのパイプ作りに着手する。

 また、金正恩第1書記の叔父、張成沢元国防副委員長が処刑されるなど予断を許さない北朝鮮情勢について、政府は「国家安全保障局で専門的に分析させる」(高官)方針だ。【朝日弘行】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140107-00000108-mai-pol
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

重度の吃音(どもり)を35日で解消した経緯



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。