スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本多真梨子、水瀬いのり、荒浪和沙がコスプレ姿を披露、『ロボットガールズZ』イベント開催

 



 2012年に放送開始40周年を迎えた、永井 豪・原作の『マジンガーZ』、『グレートマジンガー』、『UFOロボ グレンダイザー』を“美少女キャラ&アニメ化”! 来年1月4日(土)より東映チャンネルにて放送がスタートする『ロボットガールズZ』。12月23日(月)には完成披露イベントが行なわれ、声優陣より、本多真梨子(Zちゃん役)、水瀬いのり(グレちゃん役)、荒浪和沙(グレンダさん役)らメインキャストによるチームZ、久川 綾(あしゅら男爵役)、森下由樹子(機械獣少女・ガラダちゃん役)、東山奈央(ダブラスちゃん役)が登場。また、チームZは自身の演じるキャラクターのコスプレ姿をお披露目しました。

 イベントでは、放送に先駆け第1〜3話を放送、主題歌の披露も。役柄について質問された本多は、「自分の信じていることが正解だと思っていて、私とは正反対。だから、演じていて気持ちがいい」、機械獣少女を演じる森下、東山は「実はチームZの役柄でオーディションを受けていた」とのことで、森下はグレちゃん、東山はグレンダさんと、それぞれが受けたキャラクターの決め台詞を披露する場面も。

 「他に演じてみたいキャラクターはありますか?」というファンからの質問には、半数以上が東山演じる“ダブラス”と回答。現場でもダブラスのモノマネが流行っていたようで、順に「ビーム!」とその様子を再現。また、オーディションでグレちゃん役のテストを受けていた森下は「まだグレちゃん役をあきらめていない。もしかしたらまだチャンスがあるんじゃないかと思ってる」と語るも、「もう第9話までのアフレコ終わっちゃったよ」とのツッコミが……。放送を前に、熱い盛り上がりをみせる『ロボットガールズZ』、今後も注目です!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131225-00000008-cdj-musi
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

楽譜が読めなくてもピアノは弾ける!30日でマスターするピアノ講座♪



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。