スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四日市工場爆発 なぜ相次ぐプラント爆発 解体作業に潜む危険とは…




 危険物を扱う化学プラントで死傷者を伴う爆発事故が後を絶たない。なぜ悲劇は繰り返されるのか。

 「通常の運転中に比べ解体作業中は、はるかに事故が起こりやすい環境にある」。北海道大触媒化学研究センターの大谷文章教授はこう話す。兵庫県西脇市のガスプラント工場で平成17年4月、解体中のガスタンクが爆発し、3人が死傷する事故が起きている。

 今回の事故も、メンテナンスのため熱交換器を解体作業中にガスが発生し、爆発が起きたとみられている。

 日大法学部の福田充教授(危機管理論)は「化学工場での解体作業は多くのリスクが伴う」と強調する。

 通常の運転では、爆発の危険がある酸素や水素濃度、圧力や温度などが厳重に管理されているが、解体作業は「企業の危機管理が追いついていないのが現状」(福田教授)。下請けや孫請け企業の作業員が担当することも多く、危機管理教育が十分に徹底されていない傾向にあるという。

 福田教授は「日本の企業は新しい施設の建設にばかり目が行きがち。メンテナンスや解体作業にはコストや人材、時間をあまりかけていない」と指摘する。

 化学プラントで事故が起きれば、その影響は計り知れない。山口県和木町の化学プラント爆発事故(24年4月)では社員ら12人が死傷したほか、周辺住民ら11人も負傷。兵庫県姫路市の化学プラントでアクリル酸貯蔵タンクの爆発事故(同年9月)では、消火に当たった消防隊員が命を落としている。

 相次ぐ化学プラントの事故を受け、業界団体の石油化学工業協会は昨年7月、安全対策についての「保安トップ懇談会」の内容をまとめ、現場の作業員の世代交代などを背景に「教育と技術伝承」が不十分になっていると指摘。事故原因の一つに慣れに誘発されるヒューマンエラーを挙げた。

 科学技術ジャーナリストの桜井淳(きよし)氏は「今回の事故では、解体作業前にガス濃度などが十分にチェックできていたか、手順通りに作業が行われたかが今後の重要な調査ポイントになる」とみている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140109-00000567-san-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

多汗症・ワキガをシャットアウト!スッキリサラサラ7日間メールセミナー



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。