スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出生前診断、医療機関の安易な導入に警鐘−指針無視の検査会社問題で

 



 母体血を使った新型出生前診断を日本産科婦人科学会(日産婦)の指針を守らずに中国の検査会社が実施しているとの指摘を受け、日本医師会(日医)は、「評価の定まっていない遺伝学的検査を安易に導入すべきではない」との見解を発表した。日本医学会も「ゆゆしき事態」と懸念。日本国内で新型出生前診断を受託・実施する検査会社に対し、指針を順守した事業活動を行うよう求めている。【新井哉】

 新型出生前診断をめぐっては、日産婦の指針を無視する形で営業活動を行う検査会社が現れ、医療機関に働きかけを行っているとの指摘がある。日医は、指針などに基づき、実施施設を認定・登録制にしている国内の自主的な規制に触れ、「臨床研究として検査の倫理性、科学的妥当性、安全性の担保を図っている」とその利点を強調。「不用意に行われれば、人の生命の選別に至る恐れが大きい」とし、医療機関に慎重な対応を求めている。

 日本医学会も昨年末、「この事案は大変遺憾」として緊急声明を発表。日産婦も、現時点では日本医学会が認定した遺伝カウンセリングが可能な施設で新型出生前診断が行われ、「あくまでも臨床研究の枠組みの中で施行されている」と指摘。会員の医師に指針を順守するよう要望している。

 新型出生前診断を導入することで、子宮内の胎児や出生後の新生児に対して治療が可能となる利点がある一方、障害が予測される胎児の出生を排除し、「生きる権利」と「命の尊重」を否定することにつながるとの懸念もある。

 こうした懸念などを踏まえ、指針では、出生前診断の施設要件として、十分な知識や豊富な診療経験を持つ産婦人科医と小児科医が共に常勤していることや、医師以外の認定遺伝カウンセラーか遺伝看護専門職が在籍していることなどが「望ましい」と記載。検査対象の妊婦についても、「胎児超音波検査で、胎児が染色体数的異常を有する可能性が示唆された者」などの要件を挙げている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140109-00000000-cbn-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

多汗症・ワキガをシャットアウト!スッキリサラサラ7日間メールセミナー



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。