スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四日市工場爆発 「どうして…」突然の悲劇に泣き崩れる遺族

 



 爆発事故で亡くなった三菱マテリアルの社員や下請け業者の従業員ら5人の遺体が安置された三重県警四日市南署にはこの日、家族らがあわただしく訪れ、突然の悲劇に泣き崩れた。

 午後6時半すぎ。四日市南署に家族とみられる10人ほどが憔悴(しょうすい)した様子で訪れた。女性の1人は涙を流し「どうして、なんで…」と崩れそうになるのを、両脇から支えられていた。小さい子供を抱く別の女性の姿もあった。

 一方、けがを負った社員らは県内6カ所の病院に分散して搬送された。

 うち同県四日市市の県立総合医療センターにはこの日午後2時50分ごろに重傷の39歳男性が、午後3時15分ごろに34歳男性がそれぞれ搬送された。

 同センターなどによると、重傷の男性は搬送時、意識はあったものの、気道や体にやけどを負い、会話などはできない状態だった。救急外来で処置を受けた後、集中治療室に移り、人工呼吸器を装着して治療を受けた。その後、ドクターヘリで津市の三重大病院に運ばれた。

 同センターでは午後2時20分ごろに事故の一報を受け、医師2人を現場に派遣。2人は現場で被害者の治療の優先順位を決めるトリアージを行い、応急処置をしたという。

 また、四日市市立四日市病院によると、40歳男性が運び込まれ、口の上の切り傷を縫合する処置などを行った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140110-00000526-san-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

多汗症・ワキガをシャットアウト!スッキリサラサラ7日間メールセミナー



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。