スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(教育2014 世界は 日本は:9)市民を育てる 社会の一員、自覚促す

 



 自立した市民として生きていくには、どうしたらいいか。そんなことを教える「シチズンシップ教育」が欧州で普及している。日本でも広まりつつあるが、自ら社会をつくる意識や批判的な見方ができる素養の育成がカギとなる。

 ■多文化共生を目指して 英国、移民急増が背景
 教室の壁には、世界地図や様々な宗教の絵が所狭しと貼ってあった。「自由への歩みは楽でない」。ネルソン・マンデラ氏もポスターの中で、静かに生徒へ語りかける。
 英国南西部グロスターにある名門男子中等学校(中学・高校)のクリプト校。「市民性」を意味する「シチズンシップ」の授業を担当するカレン・レイノルズ先生(55)の教室だ。……
本文:3,697文字

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140110-00000010-asahik-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

重度の吃音(どもり)を35日で解消した経緯



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。