スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

警察官、女性蹴りけがさせた疑い 任意で捜査、公表せず

 



 長崎県南部の警察署の20代の男性巡査が、知り合いの女性に暴力を振るってけがをさせたとして、県警が巡査を傷害の疑いで書類送検していたことが10日、県警への取材で分かった。巡査は減給10分の1(6カ月)の懲戒処分を受け、依願退職した。県警はいずれも公表していなかった。監察課は「内容を総合的に判断した結果、公表しなかった」と説明するにとどまった。

 監察課によると、巡査は昨年9月30日、女性の腰を蹴ったりして11日間のけがをさせた疑いがある。巡査は「相手の態度が気に入らなかった」と話し、容疑を認めたという。

 事件翌日、女性の親族が110番通報して発覚したが、県警は巡査を逮捕せず任意で捜査した。送検、処分とも昨年12月19日付。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140110-00000027-asahi-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

重度の吃音(どもり)を35日で解消した経緯



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。