スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱交換器の蓋直撃か、内部に大量水素…三重爆発

 



 三重県四日市市の「三菱マテリアル」(本社・東京都千代田区)四日市工場で5人が死亡、12人が負傷した爆発事故で、爆発が起きた金属製の水冷熱交換器(長さ4メートル、直径90センチ、重さ4・8トン)内で、大量の水素が発生していた可能性が高いことがわかった。

 事故原因は水素爆発とみられており、県警は作業手順に問題がなかったか捜査するため、10日午前から、業務上過失致死傷容疑で現場検証を実施している。関係者によると、一部の犠牲者に爆風で吹き飛んだ熱交換器の蓋が直撃していたという。

 同工場によると、熱交換器内には、冷却するガスを通すチューブ(直径34ミリ)が293本入っており、チューブ内には化合物「クロロシラン類」が付着する。クロロシラン類は水と反応して分解すると安定化する一方、水素が発生するという。

 この熱交換器では、洗浄作業の際に空気中の水と反応して水素が発生するのを防ぐため、昨年11月27日に取り外した後、屋外の洗い場で水を含ませた加湿窒素を今月8日まで注入して水素を安全に取り出す作業を行った。9日も交換器の蓋を外す際、加湿窒素を注入していたが、これらの工程の安全策が不十分で、交換器内に水素が大量にたまっていたか、急激に発生して、何らかの原因で引火した可能性が高いという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140110-00000765-yom-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

重度の吃音(どもり)を35日で解消した経緯



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。