スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四日市工場爆発 「私たちの自慢の息子」犠牲となった豊田さんの両親




 元日に過ごした家族だんらんのひととき。それが最後の思い出になってしまった。犠牲になった三重県四日市市の三菱マテリアル社員、豊田裕久さん(48)の両親が産経新聞の取材に応じ、「本当に仕事熱心で、家族思いの自慢の息子だった」と悲痛な胸のうちを明かした。

 父親の英樹さん(72)によると、裕久さんは地元の工業高校を卒業後、18歳で入社。約5年後に職場結婚し、3人の娘に恵まれた。

 プロ野球の巨人ファンで試合観戦が趣味。ナゴヤドームに出かける際は中学生の三女を連れ出すなど子煩悩だった。

 業務に必要な資格を取得するため、帰宅後も深夜まで自室にこもり、勉強を続けていた。

 今年の元日には家族一同が英樹さん方に集まり、おせち料理の並ぶ食卓を囲んだ。いつも通りの何げないやり取り。息子とどんな言葉を交わしたか、思い出せないという。

 英樹さんが腰を悪くしたときには会社を休み、車で50分かかる病院に付き添ってくれた孝行息子。「妻と3人の娘を残していくことは本当に無念で死んでも死にきれないだろう」と涙ぐんだ。母親の初枝さん(75)は「私は体を悪くしている。身代わりになってあげたかった」と肩を落とした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140110-00000122-san-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

パソコンを使ってわずか3日で8万円を繰り返し手に入れた方法



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。