スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<宝塚歌劇>殿堂入りは100人 ゆかりの品展示へ




 阪急電鉄は10日、宝塚歌劇100周年記念として4月5日に宝塚大劇場(兵庫県宝塚市)内にオープンする「宝塚歌劇の殿堂」の概要を発表した。宝塚歌劇の発展に寄与したタカラジェンヌら100人を「殿堂入り」とし、ゆかりの品の展示とともに紹介する。

 殿堂入りしたのは、天津(あまつ)乙女さん▽春日野八千代さん▽乙羽信子さん▽越路吹雪さん▽淡島千景さん▽新珠三千代さん▽八千草薫さん▽寿美花代さん▽有馬稲子さん▽朝丘雪路さん▽浜木綿子さん▽扇千景さん▽加茂さくらさん▽鳳蘭さん▽大地真央さん−−ら。創設者の小林一三氏や演出家らも含まれる。

 宝塚大劇場の2階部分に殿堂ゾーン、3階部分に現役のトップスターの紹介や舞台衣装展示コーナーを設ける。入場料500円。【出水奈美】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140110-00000077-mai-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

多汗症・ワキガをシャットアウト!スッキリサラサラ7日間メールセミナー



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。